板金作業の種類について

1台の車が作られるまでに多くの人が関わり、細かい工程で作られています。
誤ってぶつけたり不幸にも事故に巻き込まれたり
板金にお世話になった人も多いのではないでしょうか?

板金は、凹みや歪みをハンマーなどで形状を復元することをいいます。
作業は外板、内板骨格、バンパーを修理する3種類に分けられます。
外板パネルは車のボンネット等の事をいい、外側についているパネルです。
溶接や叩いて形状を復元しますが、損傷がひどい時は部品を取り変えます。

内板骨格パネルは土台になる部位のことをいい、
骨格である大切な部位でもあるため技術が大切になります。
作業は、外板と同様の方法で行われるようです。
バンパーは、ポリプロピレン製の樹脂で作られていて
修理が難しいため部品を交換することが多いです。
中古の部品であれば、ある程度料金を抑えて修理してもらえる場合があるので、
業者幸一に相談してみましょう。
元の通りになった綺麗な愛車で、快適なドライブを楽しみたいですね。