安心してトランクルームを利用するために

上手に収納するコツとは

トランクルームの収納スペースを最大限有効に使うには、天井まで積み上げて空間を作らないことが一番良い方法です。
効率よく収納することが家計の節約にもつながってきます。

物を取り出す時にすぐに見つけられ周りの邪魔になる荷物を移動させることなく取り出せる工夫が必要です。
大型のトランクルームを借りる時は一つの方法として収納ラックやハンガーラックを数台設置することをお勧めします。
高さは固定の物が多いためトランクルームの高さ一杯の物を準備すると良いでしょう。
棚の数や縦間隔については設置後も自由に変更できるのもがあります。
棚の奥行きに付いては固定のもが殆どですから、収納する荷物に応じて何種類か準備すると良いでしょう。

通路を確保しながらスペース一杯に配置してください。
ある程度荷物を入れた後でラックを入れると入れ替え作業が大変ですから、思い切って最初にラック搬入を計画してください。

衣類などのケースは透明の物をお勧めします。
一旦納めると人目に付くことはありませんから、外見よりも探しやすいことを優先してください。

大型のトランクルームを借りて区切って使うのも一つの収納スタイルですがサイズは色々揃っていますし、サイズに応じた適切な価格設定なっています。
自分だけの大切なものを収めるには手頃なサイズを借りればプライベートな物も安心して預けられます。

レジャー用品や日曜大工用品など家族が使う共同のトランクルームとは別に借りれば自分の思い通りに使うことができます。

趣味のものをひとまとめに預ける
趣味のもので自宅が占拠されているという方も増えています。
実際には片付けたいけれど、収納が足りていなくて出しっ放しという場合、必要なものでも目障りに感じるときがありますね。
そういう場合は、一時的にでも預けられるトランクルームを確保しておくと必要に応じて簡単に出し入れすることができます。
自宅の近くに預けられるところがあれば、物置として借りてみるとその便利さを実感できると思います。
車をお持ちの方は、車で乗り入れてもいいですね。

例えば、キャンバスに絵を描く方なら、描いた後のキャンバスの収納に意外と困っている方も多いですね。
油絵なら塗りつぶしてまた上から描く方もいますが、作品として処分できない場合はそのまま置いておくことになります。
作品の大きさにもよりますが、自宅の収納ではすぐに置いておける作品数は限られると思います。
そんな時に、きちんと空調の整ったトランクルームを活用すると描いた作品の置き場所に困ることはなくなります。

他にも、ウィンタースポーツの代表であるスキーやスノーボード、夏ならサーフィンやボディボードなどですが、1年中使えるものではないので自宅の収納に置いておかなくても大丈夫ですよね。
こうしたものをトランクルームに預けておけば、自宅の収納は年中必要なものに充てることができます。
そのとき使うものをまとめて預けておけば、出かけるときに取りに寄ればそのまま山へ、海へ出かけることができるようになります。

自宅収納の中には、意外と家になくてもいいものが紛れていることがわかります。
そうしたものを上手に仕分をしてトランクルームに預けることで、自宅の収納のあり方を存分に見直すことができます。
自宅の収納にはある程度の余力を持たせておく方が、スッキリと暮らせますし、いつでも片付いた印象に近づけることができます。
いつも片付かない状態を続けるか、趣味のものをまとめて預けてスッキリ暮らすか考える余地がありそうですね。

Λ

サイトマップ